banner1.jpg

『雫』をメインとした写真を掲載しております。
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。






2009102503





【classic】

古典風な。古典的な。簡素な。洗練された。



*クラシックには、本来の意味として「最高級の」という意味があり、

そこから「古典的な」という意味が派生するそうです。





《*画像をクリックすると拡大表示されます。》



スポンサーサイト






2009102503





【綺羅を飾る(きらをかざる)】


華やかに着飾る。





《*画像をクリックすると拡大表示されます。》









2009102503





【Fairy's lovesickness】


妖精の恋わずらい・・・






《*画像をクリックすると拡大表示されます。》









2009102503





小さなひまわりが一足早い

初夏の匂いを運んできてくれた・・・。






《*画像をクリックすると拡大表示されます。》









2009102503





【Passion(ぱっしょん)】


燃えているような激しい感情。





《*画像をクリックすると拡大表示されます。》









2009102503





【乙女心】


少女の、ものに感じやすい心。





《*画像をクリックすると拡大表示されます。》









2009102503





疲れている時って、体が甘いものを欲する・・・(笑)




ピンクバラ言葉】

満足






《*画像をクリックすると拡大表示されます。》









2009102503





ピンクバラ言葉】

美しい少女。




《*画像をクリックすると拡大表示されます。》









2009102503





【心静か(こころしずか)】

心が落ち着いている様。




《*画像をクリックすると拡大表示されます。》









2009102503





念願の、PEN-EP2を購入♪

アートフィルターの『ジオラマ』を使って

地元の小さな動物園を撮ってみた・・・


動物園の雰囲気が、ちっとも出ていないかも・・・( ̄▽ ̄;)!!


動物園というより・・・遊園地ぽい・・・??? (゜ー゜;A





《*画像をクリックすると拡大表示されます。》









2009102503











《*画像をクリックすると拡大表示されます。》









2009102503





枝を切り落とされた所から、樹液が溢れて

となって滴り落ちていた・・・。


時が経てば、また、新しい枝が伸びてくるのかしら・・・。





【玉の緒(たまのお)】


生きていく力。





《*画像をクリックすると拡大表示されます。》









2009102503





仏画を描く際に、墨絵の技法も用いたりする。

墨を色んな色に変えて、楽しみながら

仏画の伝統的な基本は守りつつ、思いのまま、自由に・・・。




*水墨画(すいぼくが)は「墨(すみ)」一色で

表現される絵画で、墨絵(すみえ)とも言います。




《*画像をクリックすると拡大表示されます。》









2009102503




言葉や、文章で表現するのが苦手な私…

写真に何か言葉を添えようかと思ったけれど、

考えている内に、何だか気恥ずかしくなって

自分の中にしまいこんだ…。




《*画像をクリックすると拡大表示されます。》









2009102503




【共音(ともね)】

一緒に響く。




《*画像をクリックすると拡大表示されます。》









2009102503




【婉美(えんび)】

しとやかで優美な。




《*画像をクリックすると拡大表示されます。》









2009102503




【閑雅(かんが)】

物静かで、奥ゆかしい。

静かで風情がある。




《*画像をクリックすると拡大表示されます。》









2009102503




『僕、タコの赤ちゃん♪』




《*画像をクリックすると拡大表示されます。》









2009102503




に写り込んだが、まるで女の子の横顔みたいにでした・・・




《*画像をクリックすると拡大表示されます。》









2009102503




永遠の時を生きるという不死鳥…

数百年に一度、自ら香木を積み重ねて
火をつけた中に飛び込んで焼死した不死鳥は

その灰の中から再び幼鳥となって現れる…

それはまるで燃え尽きた灰から不死鳥の魂が
再生されるかの様に…




《*画像をクリックすると拡大表示されます。》









2009102503





【風韻(ふういん)】

しみじみとした趣き。






《*画像をクリックすると拡大表示されます。》



上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。